幕田圭一氏(元東北電力社長・大学6回)旭日大授章を受賞

 2015年秋の叙勲で、幕田圭一元東北電力社長(大学6回)=現相談役が旭日大授章を受章されました。宮城県白石市出身、白石高、福島大学経済学部卒。東北電力の副社長を経て平成13年に社長、17年に会長に就き、現在相談役。東北経済連合会長、東北観光推進機構会長などを歴任されました。

 国のため、生まれ育った地域のために役立ちたいと東北電力に入社し、石炭などの発電用燃料の確保に奔走し、電力の安定供給と東北の経済発展に全力を注いでこられました。

 燃料部門に約20年籍を置き、燃料購買課長時には、中国と石炭の直接契約に成功し、その後の豪州炭輸入に道を開くなど活躍されました。

 平成11年には、信陵同窓会から大学への寄贈講演会で「エネルギーそして電気」の演題でご講演をいただいております。    この度の受賞は、大学、同窓会会員一同にとって大いに誇りとするもであります。今後ますますのご健勝を願い祝意を表したいと思います。 (あだち)