ホームカミングデー盛会裏に終了しました

 本日11月2日、福島大学ホームカミングデーが行われました。晴天に恵まれ絶好の日和に、真新しい「うつくしまふくしま未来支援センター」にて、約70名の参加者がありました。信陵同窓会からは常任理事17名、福島信陵会から林王茂氏、渡辺隆一氏、大竹忠雄氏、河西譲嗣氏が参加しました。(私の確認した方ですが他にもお出での方があったかもしれません)参加された方々には厚く御礼申し上げます。

 入戸野修学長、平子健福大同窓会長兼信陵同窓会長の挨拶のあと、記念講演会がありました。「いかに福島の未来を考えるか」という演題で、うつくしまふくしま未来支援センター特任研究員である開沼博氏が講演されました。福島の復興を考える上でとても興味深い内容でした。

 ホームカミングデーも今回で6回目でしたが、来年はもっと多くの同窓生に参加をお願いしたいと思います。                               (あだち)