福島大学に原発事故の研究拠点

 東日本大震災を受けて、福島大学は13日までに原発事故を調査・研究する「うつくしまふくしま未来研究センター」を創設し、全学を挙げた組織で、県内の復興を支援するそうです。

 世界的な災害科学の拠点を目指そうと、県内の教育機関や自治体と協力して、原子力防災や新エネルギー、復興計画についての研究を行ないます。

 ぜひ福島大学が復興の手助けになることを期待いたします。