★学長だより★ 第60号(最終号) 2020.1.31

 学長就任1年目の2015年1月から、教育研究評議会など正規の会議報告などでは伝えにくい学長の考えや取り組み、お知らせ事項などを中心に月1回のペースで皆さんにお届けしてきた「学長だより」は、丸5年間で60号を迎えたことをもって、最終号とさせていただきます。

 本当は、昨年末12月号で、最終号とする予定でしたが、「学長だより」の執筆に取りかかる直前でインフルエンザに罹り、そのまま年末休暇に突入してしまいました。59号まで、一度も月末を過ぎずに配信してきたのですが、最後の最後で1ヶ月お休みとなってしまい、残念な思いをしました。

 さて、今回は最終号でもありますので、1月6日に事務局棟4階大会議室で開催した「仕事始め」での学長年頭挨拶の概要を掲載し、「学長だより」の最終号とさせていただきます。

【学長年頭挨拶(概要版)】

 令和2年 新年、明けましておめでとうございます。

 昨年11月に次期学長候補者に三浦浩喜理事・副学長が決まりした。私の任期もあと3か月となりましたが、最後までしっかりと職責を果たしたいと思います。

 最初に、昨年の福島大学の特筆すべき取り組み5点についてお話しします。第1に、「新生福島大学」が好スタートを切れたことです。4月に農学群食農学類第1期生108名を迎え入れ、4月以降も地元新聞・テレビでたびたび大きく報道されてきました。学生達は明るく行動力のある活発な新入生という印象が強く、食農学類の教員も延べ28名が着任され、いずれの研究者も優秀な方ばかりです。このことについては、これまでの「農学系教育研究組織設置準備室」の尽力が大きく、改めて、御礼申し上げます。

 第2に、同じく4月に、環境放射能研究所の大学院「環境放射能学専攻(修士課程)」が開設するとともに、「共同利用・共同研究拠点」としてスタートし、環境放射能動態研究の国際的・国内的研究拠点として大きく前進しています。

 第3に、既存4学類(夜間主コースを含む学類)もそれぞれ2コース~9コースに改編し、初年度の入試も志願倍率を伸ばし、好スタートを切ることができました。新しい食農学類の学生と教員の存在感も大きく、既存学類への相乗効果が生まれていると実感しています。さらに、新しい基盤教育もスタートし、その定着を進めていく必要も感じています。

 第4に、この3年間取り組んできた創立70年記念事業がほぼ成功裏に成し遂げることができました。昨年は、5月31日の創立記念日に合わせた人文字イベント、9月11日に震災展示オープン、10月16日に記念式典を、11月2日に福島大学校友会(ファミリー会)の設立総会を実施し、70周年の「福島大学リノベーション基金」にも取り組んできました。

 第5に、「ガバナンス改革」については、高等教育の無償化に対応するために役員会体制を見直しました。具体的には、2020年4月から、学外理事(非常勤)を2名増やし、教員理事2名、学外理事3名(うち非常勤2名)、理事でない教員副学長3名となります。

 次に、今年の本学を取り巻く課題についてお話します。この3月11日で東日本大震災・福島第一原発事故から丸9年となり、10年目の年に入ります。昨年の大熊町に続き、原発立地の双葉町の一部が避難解除されます。昨年10月の台風19号の豪雨災害は福島県に甚大な災害をもたらし、ふくしまの課題は尽きないと感じています。

 この2月には、国立大学改革方針への対応として、文部科学省と各大学との「徹底対話」が予定されており、夏には第4期中期目標・計画の策定作業がスタートします。さらに、第3巡目の「認証評価」への準備の年となります。

 今年も、学生、教職員一人一人がやりがいを感じる福島大学をめざしていきたい。

 以上が、年頭挨拶の概要であります。丸5年間、「学長だより」をお読みいただいた皆さんに、心より御礼を申し上げます。

----------------------------------------------------------------------

---------------------------------------------------------

総務課 校友会・基金支援室

TEL 024-503-4991(内線2227)

Email f-family@adb.fukushima-u.ac.jp