★学長だより★ 第56号 2019.8.30

《目次》 [1] 2019オープンキャンパスの大盛況(8月11日)

[2]「東日本大震災 福島大学の記憶」オープニングセレモニー(9月11日)

 ---------------------------------------

[1] 2019オープンキャンパスの大盛況(8月11日)

 去る8月11日(日)に、「2019オープンキャンパス」が開催されました。事前の申し込みは昨年度1,858名より400名以上少ない1,419名でしたので、当日の参加者数は、過去のデータに基づき3,658名と予測を立てていました。8月11日がお盆連休に引っかかることと、県立会津大学のオープンキャンパスと同日であることから、昨年度より参加者下回るとの見立てでした。

 しかし、8月11日はその予測が見事に外れ、パンフ受取数は昨年の4,554名を上回る4,595名であり、昨年度に続き大盛況のオープンキャンパスとなりました。当日は、高校生や保護者などでS棟前広場はごった返しましたが、幸いにも、この日だけは曇り空で気温も低く、過ごしやすい一日でした。各会場とも満杯で、県外からの来場者もかなり多かったようです。

 今回、大学構内から来場者の車両(マイカー)が溢れ、大学正門前の県道114号が大渋滞となり、北は国道4号バイパスNEC付近から、南は金谷川の南体育館あたりまで車が繋がりました。交通渋滞は、午前の部が終わるまで続き、学長室が担当した「保護者説明会」の午後の参加者アンケートの中に「大学近くまで車で来てから90分待たされた。改善をお願いしたい」という意見もありました。また、周辺住民からの苦情や警察からの問合せもありました。

 マイカーでの来場は、2016年687台、2017年1,014台、2018年1,065台、2019年1,110台 であり、この3年間は連続して1,000台を超過しています。本学としては公共交通機関での来場を呼びかけていますが、県外や県内遠方からの家族連れの来場者はマイカーとなってしまうのが実情です。

 次年度のオープンキャンパスの開催時期については、この秋には決めなければならず、これまで夏休みのオープンキャンパスは1日開催できましたが、2日間連続開催を視野に入れた日時と開催方法などの見直しの検討が迫られています。

[2]「東日本大震災 福島大学の記憶」オープニングセレモニー(9月11日)

 東日本大震災から丸8年6ヶ月を迎える9月11日(水)13時に、附属図書館入り口右手に展示コーナー「東日本大震災 福島大学の記憶」のオープニングセレモニーを開催することになりました。

 東日本大震災・福島第一原発事故から8年が過ぎ、「震災と原発事故の風化」が懸念されます。本学においても、今年度大学1年生は震災当時小学4年生で、本学教職員も震災後に採用され、震災当時の大学の様子や教職員がどのような復興支援活動をしてきたのかを知らない方も増えてきています。

 今年の取り組み課題の一つとして「東日本大震災・福島第一原発事故に関わる福島大学アーカイブ事業」について2019年1月の「学長年頭挨拶」で述べてきたところです。今年2月頃から、附属図書館、総務課広報係、地域連携課FUIRE担当、学長室職員らが「震災展示WG」をつくり、検討を重ね、節目となる9月11日開設を目標に準備してきました。展示コーナーは常設され、展示内容は半年から1年の間隔で変えていく予定です。今回は、2011年3月11日の震災直後から、5月連休明けの「新入生を迎える会」までの期間の本学の取り組みを展示しています。

 当日は、13時からテープカットと展示コーナーのお披露目、14時から15時まで福島県にゆかりのある女優・紺野美沙子さんの朗読会「あなたが輝く言葉とメロディー」(先着150名)、18時から「希望のヒカリ」点灯式(附属図書館前広場)という三部構成の企画で開催されます。多くの皆様のご来場をお待ちしています。

----------------------------------------

総務課 校友会・基金支援室

TEL 024-503-4991(内線2227)

Email f-family@adb.fukushima-u.ac.jp

------------------------------------------