★学長だより★ 第55号 2019.7.31

《目次》

[1]令和元年度 福島大学研究・地域連携成果報告会(南相馬市7月6日)

[2]大熊町で牛を生かして農地の再生をめざす女性と「ふくしま復興塾」

[3]今年も「わらじ祭り」参加します(8月2日)

 ---------------------------------------

[1]令和元年度 福島大学研究・地域連携成果報告会(南相馬市7月6日)

 さる7月6日(土)に、南相馬市では初の福島大学研究・地域連携成果報告会が開催され、南相馬市長、市議会議員、商工会をはじめ地元関係者等、128名(本学スタッフを除き)の参加があり、会場は満席となりました。

 同報告会においては、公益財団法人福島イノベーション・コースト構想推進機構理事長の斉藤保様(株式会社IHI代表取締役会長)から「福島イノベーション・コースト構想について」というテーマで基調講演があり、そのあと、本学4名の教員、すなわち高橋隆行共生システム理工学類教授(「foRプロジェクトによる環境調査用水中ロボット開発」)、吉田樹経済経営学類准教授(「新たなモビリティサービスへの期待と福島での挑戦」)、新田洋司食農学類教授(「南相馬市・福島県産米の品質と食味」)、前川直哉教育推進機構特任准教授(「福大生、 南相馬市に学ぶ:6年目を迎えた『むらの大学』」)の成果報告がありました。

 報告会終了後の「情報交換会」にも、南相馬市副市長をはじめ、地元関係者に多数参加いただき、約60名での盛大な交流の場となりました。ご参加、ご協力いただいた皆様に厚く御礼申し上げます。

[2]大熊町で11頭の牛を生かして農地の再生をめざす女性と「ふくしま復興塾」

 7月14日(日)午前10時15分からNHK総合テレビで「“11の命”とつなぐ未来~福島 大熊発の挑戦~」という番組が放映されました。その番組では、福島第一原発事故後の2013年に東京から福島に移住し、特別の許可をもらい大熊町の帰還困難区域の中で事故時に逃れた牛11頭を生かして、荒れた農地を牧草地に再生させる活動をしている一人の女性・谷咲月さんと彼女の活動に共感し、全国から大熊町に通い活動を支援する人たちの姿を1年にわたって追った番組でした。

 東京でOLをしていて農作業の経験が全くない谷さんの活動は、草木に覆われた水田2枚での放牧から始まり、現在では東京ドーム1.5倍の7ヘクタールにまで広がっています。帰還困難区域内で、そのような活動をすることに対して、様々な意見があるようですが、「土地を草刈りしてきれいにしておきたいということは誰もの願いだと思う」という谷さんの一言が心に残りました。

 福島大学応援大使の加藤博敏さん((株)ピーエイ社長、本学経済学部卒業生)が塾長をされている「ふくしま復興塾」は、東日本大震災・福島第一原発事故後に開塾し、現在第7期生塾生を募集中です。この「ふくしま復興塾」は第1期、第2期あたりまでは、本学うつくしまふくしま未来支援センター(FURE) に事務局が置かれていました。実は、上記の谷咲月さんは、第5期塾生(2017年)であり、「もーもーガーデン事業化 ~もー達がMOWする保全空間~」というプロジェクト発表で第5期の「ふくしま復興塾グランプリ」を受賞されています。さらに、「日本復興の光大賞19」(第5回エルトゥールル号からの恩返し賞)でも大賞を受賞されています。

 「ふくしま復興塾」は、「逆境の福島再生を担う新しいリーダーを育てる」ために開塾されたもので、約6ヶ月間、月に1,2回のペースで塾が開かれています。第6期までに延べ89名の塾生を輩出しており、その中には、本学卒業生も数名います。今回の第7期は、福島県起業意識向上事業としても位置づけられており、現役大学生にも参加が呼びかけられています。出願受付が2019年7月1日~8月5日までで、先日、福島大学生への案内がありました。皆様の周りで興味関心がある学生がいれば、ご紹介いただければ幸いです。お問合せは、学長室までお願いいたします。

[3]今年も「わらじ祭り」に参加します(8月2日)

 来たる8月2日(金)と3日(土)に福島わらじ祭りが開催され、第1日目夕方のわらじ踊りに、福島大学チームが参加します。今回で4回目の参加となり、一昨年からは福島大学オリジナル浴衣で踊りパレードに参加しています。今回は、海外からの留学生17名と教職員68名の総勢85名で参加します。福島大学チームは第1部グループで18時05分~18時45分の踊りで、駅13号線パレードしますので、沿道からの声援を宜しくお願いいたします。

----------------------------------------

福島大学 総務課 校友会・基金支援室

TEL 024-503-4991(内線2227)

Email f-family@adb.fukushima-u.ac.jp

------------------------------------------