「人生100年時代」小室さん登場 90歳、エージシュート246回

 信陵同窓会長を務めた小室保人さん(90)が新聞に登場、ゴルフを通じた元気の秘訣を披露しました。小室さんは長野県野沢北高校から福島大学経済学部に進んだ大1回卒。「ゴルフが生きがい」と日頃から語り、自分の年齢より少ないスコアでラウンドするエージシュートを重ねています。

 福島民友新聞の企画「人生100年時代」(2019年3月17日)で小室さんは大学卒業後に入社した自動車販売会社で営業マンをしていた40歳ころにゴルフを始めた経緯やゴルフの魅力を語っています。2005(平成17)年4月、76歳の時にエージシュートを達成してから、記事掲載時までに246回達成しました。現在、自動車販売のネッツトヨタ郡山で名誉会長を務めている小室さん、今も年に60回から70回はラウンドするとのことです。同窓の後輩として健康維持を見習いたいものです。

小室保人さんの元気の秘訣を紹介した新聞記事

P1090093.JPG