福島県の花見山からお土産誕生!クラウドファンディングへの協力のお願い

 福島大学経済経営学類1年・佐藤蓮さんが福島市の花見山を訪れた人たちが、その思い出をかたちに残し、何度も思い返してもらえるよう、お土産開発プロジェクトを立ち上げ、その運営への支援協力を求め、同窓会事務所をたずねてきました。興味のある方はご協力をお願いいたします。クラウドファンディングを通し、3月30日(金)午後11時まで支援を受付けています。詳しくはこちらからどうぞ

【佐藤さんから】

 私達は現在、福島市にある花見山公園で「花見山の桜を使った」モイスチャークリームのワークショップと花見山の色とりどりの花を表現した石鹸の販売を計画し、今年4月1日から花見山物産広場にて販売できることが決定しました。

 これは、今まで花見山には饅頭・お菓子などのお土産がありましたが、花見山の物を使ったお土産がないというところから始まりました。花見山は震災前年33万人の来園者がいた福島を代表する観光名所です。そんな観光名所でその土地のものを使ったお土産があれば「思い出がより深く・そのお土産をもらった人は花見山に行ってみたい」と、なるのではないかと考えています。

 この活動は今年度開催が決まりましたが、私達は1年でこの活動を終わらせるつもりはありません。商品を発展させ、継続して花見山・ふくしまを盛り上げていきたいと考えていて、いま現在クラウドファンディング挑戦しています。期間的にも3月30日までということで時間が無い状況です。

以下にリンク先を載せさせていただきます。

クラウドファンディング

Facebook

よろしくお願いいたします。