定例の常任理事会が開催されます

 定例の常任理事会が来る11月2日に、大学事務局棟で行われます。  今回の常任理事会は、年度の中間にあたり事業計画の実施状況や、中間決算を審議します。ほかに、大学支援について支援委員会の報告をもとに審議します。

この日は、完成間もない「うつくしまふくしま未来支援センター」ではホームカミングデーがかいさいされます。 当センターは、このたびの大震災・原発事故で被災した地域の復興のために福島県や関係自治体と協力して、新しい地域づくりのビジョンと方途を提案する役割を持っています。

 また、常任理事は「ホームカミングデー」にも参加します。そこで平子会長は大学同窓会(全同窓会の連合体)の会長も務めておりますので、全同窓会を代表して挨拶をします。

 昨年は、90周年記念式典の翌日でしたので、同窓生が300人も参加して大盛況でしたが、今年はどのような状況になるか懸念されます。福島信陵会役員には声かけをしておりますので、それが頼りです。

 「ホームカミングデー」への参加者を増やすにはどうすればいいのか課題です。

                                (あだち)