ホームカミングデーをご存知ですか

記念式典の翌日、11月4日(日)に大学キャンパス(金谷川)にてホームカミングデーが開催されます。主な流れは次のようになっています。

1.学内案内・・・大学教員の案内で、学類棟の屋上から全体を眺望した後、学内を散策 します。当日は大学祭が開かれており、学生による出店が数多く開かれております。  留学生による外国料理などもありますよ。

2.会場に入り、入戸野学長、平子会長の歓迎の言葉の後に、入戸野学長から最近の大学 の動きにつき、原発事故対応なども含めて報告があります。

3.続いて、小山経済経営学類教授と山口共生理工学類教授からそれぞれ30分ずつ、講  演があります。

4.学生食堂に置いて交歓会が行われます。軽食、飲み物が出されます。

5.1時30分ごろから、福島駅に向かうバスが待機しておりますので、順次ご利用くだ さい。    この行事は大学主催で行われますが、大学は法人化になりましてから同窓会の支援を期待することが大きくなり、各大学共にホームカミングデーを開き同窓生の方々に、大学への理解を深めてもらおうとしているのです。

 一方同窓生としましても、福島大学を卒業したというだけで世間一般からそれなりの評価を受けてきていることを考えれば、その恩恵は大きなものであると思うのです。 その恩返しをどこかですることで、何かすっきりした気持ちになるのではと思うのです。  昔から「与えたものきり、受け取ることができない」という言葉があるように、大学や後輩に対して必要なことをしてあげることが、自分にもいいことが起きてくるような気がします。「循環の法則」ということをお聞きになられたことがありますか。