事務局日記

今日、谷口常任理事NYへ出発
2013年10月17日(Thu) 21:11

 信陵同窓会常任理事会が11月2日に開催されますが、常任理事の中に唯一人女性がおります。福島信陵会の谷口幸子さんです。福島県庁にお勤めされておられました。すぐれた見識をおもちで魅力的な女性です。  90周年記念誌編集委員を務めていただきましたが、同じく委員を務められた東京信陵会の、弁舌さわやかな山口由蔵先輩と丁々発止と議論を戦わす程の方です。

 今回はそれが主題ではないのです。このたび、谷口さんはニューヨークへ行き、音楽の殿堂「カーネギーホール」で歌を歌って来られるのです。えっと、驚かれるでしょう。  詳しく話しましょう。福島民報社の「うつくしま復興大使」3人と県おかあさん合唱連盟の米国ニューヨーク訪問団が、現地で行われる「日米合唱祭~福島から世界へ~」に出演するのです。谷口さんはそのうちの一員なのです。素晴らしいことですね。  今日17日午後成田空港から出発しました。合唱祭は日本時間20日の朝に開かれます。現地に住む本件出身・ゆかりの人たちとの交流会もあるそうです。22日午後に帰国されます。土産話を楽しみにしております。

 谷口さんには大きな仕事があるのです。信陵同窓会女性部の立ち上げです。10月末には、東京信陵会に出向き懇談してくる予定となっております。現在、経済経営学類学生の女性比率は40%近くになっているそうです。森合校舎時代の方々は驚きでしょう。  女性の会員の方々は、是非とも各地の信陵同窓会の事務所を訪ねてください。お待ちいたしております。 (あだち)

創立90周年記念式典から1年経ちます
2013年10月16日(Wed) 20:43

 昨年の11月3日に創立90周年式典が開催されました。間もなく1年経ちます。当日は1100名に及ぶ卒業生が福島に集まりました。式典には850名が出席し、翌日のホームカミングデーには約300名が大学のキャンパスを埋め尽くしました。母校を思う卒業生の誠意と温かい心が形となって表れたものと思います。  東日本大震災と福島原発事故で打ちひしがれていた福島を大いに元気づけてくれました。宿泊者も1000名近くになりましたから、経済効果も大きかったものと思われます。  11月に発行予定の会報「信陵」には特集としまして、「90周記念の感激を再び」で 90周年事業の会員の皆様へのご報告と、「100周年を担う我々」と題した卒業30回台の会員よる座談会を載せることとしております。  座談会では、現役学生に思うこと、同窓会への期待、魅力ある経済経営学類、100周年の構想などのテーマで話し合われました。ご期待ください。  台風26号が爪痕を残して日本列島を縦断して行きました。風や雨についても想定外のことが起こっております、原子力のことを考えましても、人類は自然に対してもっと謙虚に対応せねばと思います。今夜は寒さを強く感じます。  (あだち)

事務局日記
2013年05月10日(Fri) 15:32

 あっと言う間に桜の季節も過ぎ、若葉が目に眩しい季節になりました。ご無沙汰をしておりました。久しぶりの更新です。

 今日は大学27回の遠藤弘さんが事務所にお見えになり、楽しいひと時を過ごさせていただきました。遠藤さんとお会いするのは今日でまだ2度目(1度目は昨年の90周年大会の時)なのですが、もうずっと古くからの知り合いのような気がします。なぜなら、私が遠藤さんのブログの愛読者で、お会いする回数は少なくても遠藤さんの日常を把握しているからです。(なんかストーカーみたいで怖いですね 笑)

 遠藤さんは会津支部の広報担当で、毎年会報『信陵』に愉快な記事をご寄稿くださいますが、残念なことにいつもページの都合で3分の1ほどしか掲載できません。全文ご覧になりたい方は遠藤さんのブログ「エンピロのネタ箱」をご覧ください。

 また皆さまも近くまでお越しの際はぜひ事務所にお立ち寄りください。お待ちしております。            (たかはし)

P1040822.JPG

遠藤弘さん(大27)

事務局日記
2013年03月08日(Fri) 11:14

 いつまでも寒い寒いと思っていたのに、いつの間にか吾妻山の雪ウサギも薄っすらと現れる季節になりました。

 もうすぐ震災から2年…。2年前は震災の後にも雪が吹雪いた寒い日が続いたのを思い出します。

 まだまだ春本番は先のようです。桜の花の季節が待ち遠しいなあ。(たかはし)

事務局日記
2013年01月16日(Wed) 10:59

 久しぶりの更新です。90周年大会終了後も残務整理で落ち着かない日々を過ごしているうちに、年も変わってしまいました。

 もっといろいろと書こうと思っていたのですが、なぜか催事案内の更新に手間取り(3回も入力したデータを消してしまいました!泣)、すっかり疲れてしまいましたので、気を取り直してまた今度…(^_^;)

 ここで一句 「気をつけろ まめな保存が 身を助け」     (たかはし)