事務局日記

事務局日記 読書の秋
2010年10月05日(Tue) 16:10

 もともと本を読むのは好きなほうですが、最近はなかなか忙しく、昔ほどのペースで読むことは出来なくなりました。1冊の本を何日もかけて、それこそ読みかけの途中で、次に読み始めた時は内容を忘れてもう1度最初から、何てことがしばしばあります。経験上、読みかけになる本はほとんどがあまり興味の向かないものであることが多いようですが…。

 先日、読み終わった本は『東京タワー ボクとオカンと、時々オトン』リリーフランキー著です。

 なにを今更という感じがしますが、本だけずいぶん前に購入したものの、映画にもテレビドラマにもなり、読む前に興ざめしてしまい、今まで放っておいたものにやっと手を着けた訳です。

 内容はタイトルの副題のとおり、作者の幼い頃からの家族模様を書いたものです。描かれていたのは子としての立場からでしたが、私は老いてゆく親を持つ子として、子を持つ母として、両面から考えさせられる本でした。もちろん一気に読みきりました。(たかはし)

 

事務局日記 ”如春荘”を訪ねて
2010年09月28日(Tue) 17:11

 会報「信陵」のシリーズ ”昔を訪ねて” の取材のために ”如春荘” に行ってきました。森合校舎時代を偲ばせる唯一の建物です。昔と比べて周りの木が鬱蒼と茂り、門にも鍵がかけてありもう使われてないのかと残念に思いましたが、門の内側に目をやると庭も建物もきれいに整えられており、使われている気配を感じました。

 そこで、近くで旅館「やまと」営んでいる、千葉(小松)秀司氏(大27)のところに立ち寄り事情を聴いてみると、いろいろ利用されており、お弁当も運んでいるとのこと。

 大学に照会してみましたら、大学の講座にも、外部への貸し出もしており大活躍の様子です。最近では漫画家協会による「ゲゲゲの気分でまんがを描こう」の講習会があったとのことでした。

 私たちは、今から何十年前にコンパなどで利用しておりましたが、今もまだ健在であることに意外な感じと、懐かしい思いがしました。

 これから、建物の内部を見たり、管理人さんに話を聞いたりして、会報に報告したいと思います。

 最近、同窓会で会合などのある時に、「やまと」さんにお弁当をお願いしているのです。 家庭的な盛り合わせで、おいしいですよ。   (あだち)

事務局日記 寒くなったので…
2010年09月27日(Mon) 16:27

 めっきり寒くなってしまいました。ので、私の家ではなんと早くも「コタツ」が登場しました。年寄りがいるせいで早く出したのですが、なぜかまだ半袖半ズボンの娘達が一緒になってコタツに入っています。いったいあなた達は暑いんですか?寒いんですか?(笑)(たかはし)  

事務局日記 信陵同窓会会員数
2010年09月16日(Thu) 11:36

 皆さん信陵同窓会の会員数をご存知ですか?現在、住所が確認できる同窓生は12,853名です。

 同窓生の方々は日本全国にいらっしゃいます。同窓生が1人もいない都道府県はありません。どこかには必ず同窓生がいるんですよ。

 さて、ここで問題です。どの都道府県に1番多く同窓生がいるでしょうか?これは大体検討がつきますよね、もちろん福島県です。では2番目は?これもなんとなく分かりますね。宮城県です。では3番目は?ここまで来ると少し悩みますね。正解は山形県です。これも聞けば納得ですね。それ以降は、岩手県、東京都、埼玉県、千葉県と続きます。

   やはり関東以北に在住者が多いようですが、北海道・東北・関東以外の府県で100人以上会員がいる県が、新潟・長野・静岡・愛知の各県です。もちろん京阪神地区にも各県に100人まではいきませんが多くの会員がいます。それ以外の地域で20人以上会員のいる県が、広島・愛媛。10人以上が鳥取・岡山・福岡県です。福島から遠く離れた場所にも、以外と多く同窓生がいて驚きですね。

 各支部の同窓会活動の話しを聞きますと、催しをしてもなかなか参加者が集まらない、と聞きます。役員の方々は同窓会の活性化のために一生懸命努力をしています。それは同窓会だけでなく、母校より遠く離れた地にいる会員の皆さんの力にもなると思います。皆様のお手元に同窓会の案内が届いたら、ぜひ同窓会に参加してみてくださいね。(たかはし)

事務局日記 秋の気配
2010年09月14日(Tue) 14:24

 一雨ごとに涼しくなってきましたね。福島ではやっとクーラーなしで過ごせるようになりました。

 昨日は事務所からの帰り「うろこ雲」を見つけました。虫の声も賑やかになってきましたし、日々、秋の気配が深まって行くのが感じられます。。

 只今、先日行われました座談会の原稿をまとめていますが、私の能力が足りず四苦八苦しております。大変ボリュームがあり、内容も充実した座談会でしたので、皆様にぜひ目を通していただきたいと思います。会報は11月初旬に皆様のお手元にお届け予定です。楽しみにしていてくださいね。(たかはし)