信陵同窓会会則

第1章 総   則

第1条 本会は信陵同窓会と称し、本部事務局を福島市内に置く。

第2条 本会は会員相互の連絡を図り、親睦を厚くし、母校の発展を期することを以て目的とする。

第3条 本会は次の事業を行う。

 1. 会員名簿の作成と機関紙の発行

 2. その他本会の目的を達成するために必要な事業

第2章 会   員

第4条 本会は次の会員をもって組織する。

但し、第1項の正会員及び第2項の準会員については、第19条及び第20条で定める入会金の未納者を除く。

 1. 正会員

 (イ) 福島高等商業学校卒業生

 (ロ) 福島経済専門学校卒業生

 (ハ) 福島高等商業学校東亜経済実務科卒業生、及び福島経済専門学校専修科卒業生

 (ニ) 福島大学経済学部卒業生

 (ホ) 福島大学人文社会学群経済経営学類卒業生

 (へ) 福島大学経済短期大学部卒業生

 (ト) 中途退学者にして常任理事会の承認を得たもの

 (チ) 福島大学大学院経済学研究科修了生

 2. 準会員

 (イ) 福島大学経済学部在学生

 (ロ) 福島大学大学院経済学研究科在学生

 (ハ) 福島大学人文社会学群経済経営学類在学生

 3. 特別会員

 (イ) 旧福島高等商業学校長及び教官

 (ロ) 旧福島経済専門学校長及び教官

 (ハ) 福島大学経済学部現旧教官

 (ニ) 福島大学人文社会学群経済経営学類現旧教官

 (ホ) 旧福島大学経済短期大学部教官

 (へ) 福島高等商業学校、福島経済専門学校及び福島大学経済学部、福島大学経済短期大学部に特に関係あるもので常任理事会において推薦されたもの

第3章 支部及び職域信陵会

第5条 一定地域内の会員を以て支部を組織することができる。 支部は名称・代表者及び事務所所在地を本部に通知するものとする。 前項のほか、支部の中に、同一事業場内の会員を以て職域信陵会を組織することができる。

第6条 次の支部を基幹支部とする。 東京、仙台、福島、郡山

第4章 機   関

第7条 本会に次の役員を置く

   会   長    1 名

   副 会 長    若 干 名

   常 任 理 事    若 干 名

   理   事    若 干 名

   監   事    3名以内

第8条 理事の選任は支部の推薦による。 会長、副会長及び常任理事は基幹支部及び大学内の理事のうちから理事会において互選する。 理事及び常任理事の支部別定数は別表のとおりとする。監事の選任は福島・仙台・郡山支部の推薦による。

第9条 会長は本会を代表する。会長事故あるときは副会長が代行する。 理事は理事会を構成して、前条で定める役員の選任及び常任理事会が必要と認めた事項を審議決定する。 会長、副会長及び常任理事は常任理事会を構成して会務を審議決定し、これを執行する。監事は会計を監査する。

第10条 理事会及び常任理事会は会長が招集して、その議長となる。 理事会及び常任理事会はその過半数が出席して開催し、出席者の過半数により議決する。可否同数の時は議長がこれを決する。理事及び常任理事は委任状によりその議決権を行使することができる。

第11条 役員の任期は2年とする。ただし、再選を妨げない。 2.補欠により選任された役員の任期は前任者の残存期間とする。

第12条 次の事項は常任理事会において審議決定する。 1.会則の変更に関する事項

2.事業並びに基金運用に関する事項

3.予算並びに決算に関する事項

4.その他重要な事項

常任理事会の決議事項の概要を支部に通知するものとする。

第13条 会長は毎事業年度終了後の3ヵ月以内に常任理事会を招集して、監事の監査を経た決算書類につきその承認を得るものとする。

第14条 会長は常任理事のうちから事務局長及び事務局長代行各1名を委嘱することができる。

第15条 常任理事会の推薦により、本会に顧問及び相談役を置くことができる。

第16条 卒業年次ごとに各回を代表する幹事1名以上を置く。 幹事は各回よりの推薦によって会長が委嘱する。 幹事は各回会員の連絡にあたる。

第5章 会計及び基金

第17条 本会の経費は入会金、会費、寄付金及びその他の収入をもってあてる。

第18条 本会の事業年度は、毎年4月1日に始まり、翌年3月31日に終わる。

第19条 新たに入会するものは、入会金として金20,000円を納入するものとする。

第20条 正会員は、年会費として毎年金2,000円を納入し、準会員は入学の際、入会金として金30,000円を納入するものとする。

第21条 入会金のうち金10,000円は基金として積み立てる。

 


     付    則

本会則は、昭和47年4月22日より施行する。

昭和52年4月1日より一部改正施行。

昭和53年4月1日より一部改正施行。

昭和56年9月18日より一部改正施行。

昭和60年4月1日より一部改正施行。

昭和61年9月21日より一部改正施行。

平成2年9月22日より一部改正施行。

平成5年4月9日より一部改正施行。

平成5年11月13日より一部改正施行。

平成7年10月21日より一部改正施行。

平成8年3月16日より別表一部改正(郡山)施行。

平成17年3月12日より一部改正施行。

平成19年2月24日より一部改正施行。

平成24年6月16日より別表一部改正(大学)施行。

平成29年4月1日より一部改正施行。

ただし、現在の役員の任期は、任期の残存期間とする。

(別表)理事及び常任理事支部別定数(平成24年6月16日)

支  部理  事うち常任理事
基幹支部東 京6名3名
仙  台5名2名
福  島9名5名
郡  山4名2名
そ の 他大 学 内3名3名
京 阪 神1名
東  海1名
会  津1名
秋  田1名
山  形1名
岩  手1名
群  馬1名
栃  木1名
札  幌1名
合  計36名15名